トランスメディア提供アイコン01 <   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 会員のみなさまへ

事務局のミルキーです。

日本列島を突如襲った東北地方太平洋沖地震。
会員のみなさまの中にも、被災された方や身近な方との連絡が未だ途絶えている方がいらっしゃるのではないでしょうか。
謹んでお見舞い申し上げます。

会員のみなさまの安否が気になりながらも、こちらからのメールは控えさせて頂いております。
また、会としての基盤が脆弱で、何の支援活動も出来ずにいることに歯がゆさも覚えております。
落ち着かれまして、こちらにお越しの際は、コメント欄で元気なお声をお聞かせ下さい。
※公式にビョンホンシからのお見舞いのメッセージが上がっています。
[PR]

by LBH-Films | 2011-03-12 17:13 | 役員のつぶやき

トランスメディア提供アイコン01 「バンジージャンプする」上映会 

こんばんは。事務局のmilkyです。
「<번지점프를 하다>를사랑하는 사람들의 모임 <バンジージャンプする>を愛する人たちの会」主催の上映会に、自主上映会の研修のつもりで、役員3人で参加してきました。

この会は、文字通り、映画<バンジージャンプする>を愛する方たちの会なので、私たちのビョンホンシ個人を愛する仲間が集う私たちの会とは、その主旨が少し異なりますが、それでも、私が「LBH映画を語る会@FUKUOKA」を立ち上げようと思ったきっかけのひとつに、この会が毎年行っている自主上映会のことがありました。
この会の存在を知った時、どんなに羨ましく思ったことか。
いつかこの福岡でもこんなことを誰か企画してくれないかしらと願ったものです。

その羨ましくて仕方ない上映会が今年で10周年を迎えました。
そして、偶然にも、私たちはこの福岡の地で、ビョンホン映画を上映することを目的に、昨年末「LBH映画を語る会@FUKUOKA」を立ち上げました。
そして、ひそかに、第2回目の上映会は、一番人気の<バンジージャンプする>を上映し、その上映会にキム・デスン監督をお招きしたいと考えていました。
そこで、「<번지점프를 하다>를사랑하는 사람들의 모임 <バンジージャンプする>を愛する人たちの会」の記念すべき10周年に参加し、一緒に祝福させて頂くと共に、上映会の運営のノウハウを視察し、あわよくば監督さんに私の妄想をお伝えしたいと願いました。
そして、その願いを全部叶えて、その上、おまけまで付いて、私たち3人、興奮しながら帰ってきました。

a0180386_014681.jpg

まず、会場のロッテシネマートピカデリー館に行くと、ちょうどこの立て看板を設置していらっしゃるところでした。
「うちの会と違って、男性が居るから良いねぇ。」と話ながら階下の受付へと降りて行きました。
準備などの視察のつもりで受付の1時間前に行ったのにもかかわらず、受付前は、既に長蛇の列。
先頭の方は、3時間以上も前から並んでいらっしゃるということでした。
早速、私たちも列の最後尾に付きました。
予定通り、4時から受付が始まりましたが、申し込みの仕方の違いで、列が整理されたので、私たちは比較的早めに、受付をすることが出来ました。
座席を選ぶのに、座席表を見せて貰うと、意外にも中央ががら空きだったので、通路のすぐ後ろの真ん中を取ることが出来ました。
そこで、チケットとプログラムとプレゼントを受け取りました。
チケットはとてもスタイリッシュで、プレゼントは、その大きさに圧倒されました。
後でプレゼントの箱を開けてみたら、テヒが雨宿りしたインウの傘にそっくりの黒い傘が入っていました。

受付から会場までのしばらくの間に、当会の会員さん数名をお見かけしました。
お知り合いが多く、どうやら常連さんのようでした。
それまで、立て看板やチケットの立派さといい、来場者の多さといい、圧倒されっぱなしで、いちいち先日私たちの1回目の上映会と比較し、「この上映会に比べたら、私たちのやったことはまるでままごとのようだ。」と思っていたところだったので、こんな立派な上映会の常連さんが、そのままごとのような上映会を喜んで下さったのだと知って、改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

でも、「<번지점프를 하다>를사랑하는 사람들의 모임 <バンジージャンプする>を愛する人たちの会」主催の上映会は今年で10周年を迎えましたが、この10年の間には、紆余曲折もあったと思います。
第1回目は、私たちと同じように会場に人が入ってくれるだろうかと悩み、資金繰りに苦しんだかも知れません。
私たちも、まずは10年続けることを目標に頑張ろうと思います。
そしたら、少しは立派な上映会になるかも知れません。

上映会のあと、10周年を記念するケーキカットが行われ、それにビョンホンシが子どもみたいに無邪気に指を突っ込んで、舐めていましたが、そのケーキはスタッフの方の手作りだそうです。
その話を聞いた時、この上映会が、立派なのにもかかわらず、権威的でないのは、そんなところに秘密があるのかなと感動しました。
私たちも、この上映会のように、立派でそれでいてアットホームなものを目指しましょう。
みんなで力を合わせて、私たちの会をより良い会に育てていきましょう。

さて、「バンジージャンプ上映会」実現に向けての進捗状況をお話ししておきます。
監督さん招聘についてですが、今回、手紙は確実に手元に渡りました。
読んで頂けるかどうかは、天命に任せるしかありませんが、手紙にここのアドレスも書いたので、見て下さる幸運を信じて、この記事を書いています((笑い
また、間に入って話を進めて下さる方には、若干のめどがついています。
しかし、日本での上映の版権がどこにあるかは、未だ判明していません。
ご存知の方は、どうぞお知らせ下さい。
上映に関わる資金繰りについても未だ、妄想段階で具体的には始動していません。
これについても、各種助成金等に詳しい方は、是非お知らせ下さい。

最後になりましたが、上映が終わって、「映画はスクリーンで見るものだ」と改めて思いました。
それと同時に、監督さんにお聞きしたいことも増えました。
そこで、こちらに、キム・デスン監督さんにお聞きしたいことをお書き頂くスペースを設けました。
DVDなどで「バンジージャンプする」を再度ご覧になった時などに生じた疑問や質問などをお書き下さい。
それがたくさん集まった頃、上映会が出来ると良いです。
夢のまた夢だった第1回上映会が出来たのだから、第2回目も実現すると信じています。
[PR]

by LBH-Films | 2011-03-07 02:35 | 役員のつぶやき

トランスメディア提供アイコン01 「バンジージャンプする」キム・デスン監督に聞いてみたいこと

「バンジージャンプする」について、キム・デスン監督にお聞きしたいことをお寄せ下さい。

■方法:下記をコピペして、非コメ記入して下さい。

1.会員ナンバー
2.HN
3.お聞きしたいこと
[PR]

by LBH-Films | 2011-03-07 00:43 | Information